• 生産者の立場で産地の想いを食卓へ届けます。

    生産者の立場で産地の想いを食卓へ届けます。

    お客様に健康で幸せな食生活を送っていただくために、「新鮮」「品質」「美味しさ」にこだわって作った野菜や果物を、農産物にこめた農家・生産者の熱い想いとともにお届けします。私たちも生産者の立場から、農業の現実を知っていただきながら生産者と生活者の離れた距離を縮めるべく、食の架け橋として活動しております。

    持続可能な農業、若い世代にとって魅力的な農業を目指して、適正な取引を通じてみなさまの食生活・食ビジネスに貢献してまいります。

  • 命を紡ぐ子供たちの未来のために。

    命を紡ぐ子供たちの未来のために。

    私たちは、農業が、野菜の力が日本を救うと信じています。野菜には解毒酵素という血液や体をきれいに浄化してくれる力があり、ビタミン・ミネラル以上にこれが、野菜の持つ本当の力なのです。ところが現在、冷蔵・冷凍技術の発達で遠い外国からでも新鮮にみえる野菜は入ってきます。

    この力の無くなった外国野菜ではなく、採れたての野菜を食べる。未来を担う子供たちこそ食べさせたい。これが、本当の地産地消で、私たちの切なるの願いです。

  • 健康な生活は毎日のきちんとした野菜の摂取から。

    健康な生活は毎日のきちんとした野菜の摂取から。

    食生活の欧米化や運動不足、喫煙などによって生活習慣病が急増しています。低エネルギー、低脂肪、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な野菜や果物は、現代の食生活に「最適」な食べ物です。動物性脂肪の摂取を抑え、主食・主菜・副菜のバランスを取り、適度な運動とストレスをためないことが健康的で豊かな生活を送るポイントです。

    1日あたり野菜350g、果物200gが目安となります。毎日きちんと野菜・果物を摂取し、生活習慣病の予防・改善に取り組んでいきたいものです。

 
View

有機農産物とその表示について

 

有機農産物とは

 化学的に合成された肥料および農薬を使用しないことを基本とし、播種または植え付け前2年以上(多年生作物にあたっては、最初の収穫前の3年以上)の間、堆肥等による土づくりを行ったほ場において生産されたものを有機農産物といいます。

 ここで注意が必要なのですが、おそらく大多数の方が有機農産物(有機野菜)は無農薬だと思っていると思います。しかしこれは大きな誤りです。農林水産省から有機JAS認定されますと、「有機野菜」「有機栽培」「オーガニック」などを名乗ることが可能になりますが、それでもJAS認定の「31種類の農薬」は使用可能なのです。つまりは、多くの有機野菜は実は無農薬ではないのです。

 また、使用している肥料に関しても注意が必要です。肥料に含まれる窒素が野菜に取り込まれると、硝酸態窒素に変わるのですが、この硝酸態窒素が要因となって「発がん性物質」が作られると言われ、ヨーロッパでは社会問題になっています。さらに、家畜の糞尿を発酵させて作った動物性肥料を使用している場合には、その家畜に何を与えているかがとても重要になります。有機野菜はとても素晴らしいものですが、同時に危険な要素も存在します。しっかりと有機JAS認定を受けているものを選びつつも、出来れば農薬や肥料に関して生産者に確認することをおすすめいたします。

 

有機JASマーク

 農産物や加工品はこのマークがなければ「有機」「オーガニック」などと謳えません。農林水産省登録の認定機関が生産者や加工業者を調査・認定します。

有機JASマーク

 

農家・生産者の皆様へ

時間と愛情を注いで作った野菜や果物を適正な価格で必要とするお客様のもとにお届けするお手伝いをいたします。

周年栽培の契約農場としてお考えの方、新たな販売先をお探しの農家・生産者のみなさん、ご連絡お待ちしております。…Mail

野菜をお探しの皆様へ

年間通じて安定価格・安定供給でご希望の野菜・果物を産地から新鮮なまま直送いたします。もちろん、スポットでのご注文も承っております。

こだわりと愛情のたくさんつまった野菜や果物をお探しの外食関係、給食関係、加工関係の皆様からのご連絡をお待ちしております。…Mail

一般生活者の皆様へ

水耕栽培パネルオーナーを募集しています。

水耕栽培パネルオーナー大募集

ご興味をお持ちいただいたお客様からのお問合わせをお待ちしております。…Mail